ビデオストリームにおける移動物体のマーキング

Abstract

(57)【要約】 双方向リンクを内蔵するためのビデオ画像に註釈付けする方法は、ビデオ画像のフレームのサブセットに手動により活動領域(114)を設定し、次に補間を用いて残りのフレームに活動領域を設定するステップからなる。活動領域は、観察者によるカーソルの位置付け及びクリックが可能で、それによりリンクを起動する画面(514)の領域である。このリンクは、URLのリンク又はその他のリンクでもよい。補間は、直線補間又はスプライン曲線補間技術でもよい。ビデオ画像を、ビデオフレームの一部に対応する註釈を伴う表示システムに通信できるが、その他のフレームを通信できない。受信システムは、補間によって前記その他のフレームに関して活動領域を判定できる。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      US-5929849-AJuly 27, 1999Phoenix Technologies, Ltd.Integration of dynamic universal resource locators with television presentations
      WO-9844435-A1October 08, 1998International Business Machines CorporationMethod and apparatus for integrating hyperlinks in video

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2017037391-AFebruary 16, 2017日本電信電話株式会社, Nippon Telegr & Teleph Corp Appearance position interpolation device, appearance position interpolation method, and appearance position interpolation program